消費者金融の利用は何歳から

キャッシングの申込には年齢制限があります。
キャッシング会社によって上限年齢に多少の違いはありますが、ほとんどのところでは20歳以上となっているので一部のキャッシングを除いて未成年の人がキャッシングをすることはできません。
年齢制限を設けている理由として考えられるのは、民法で未成年に保護規定を定めていることから未成年が保護者の同意を得ずに契約をしたときは、どういう理由であっても保護者は一方的に取り消しを主張することができるようになっているので、金融業者はこういった問題が発生するのを避けるために基本的に20歳未満への融資はおこなわないようにしています。
消費者金融の中には例外として、未成年の学生でも利用できる「学生ローン」と呼ばれる融資をおこなっている業者もあり、大学の近くに店舗を構えて小規模で学生を対象にしたキャッシングをおこなっています。
学生ローンを利用するために学生証や在学証明書の提示が必要なことや、アルバイトなどをして一定上の収入があれば18歳からでもキャッシングができます。
また上限年齢は69歳以下に設定されているところが多く、65歳を過ぎると年金だけで生活している方も多いため、年金以外の収入が増えるとは考えにくいことから審査が通りにくいと言われ、実際に年金だけで生活をされている人が借り換えカードローンおすすめキャッシングをしようとすると金融会社は限られてしまいます。
年金受給者がお金を借りる方法として、独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」があるのでこちらをおすすめします。

学生キャッシングで知っておきたいこと

最近は学生でもキャッシングができることから、付き合いでこずかいが少し足りないときとか、バイト代が入る前にお金が必要になったときなど、一時的にキャッシングを利用する学生も増えているようです。
学生 お金 借りる 19歳キャッシングは社会人に比べると、どうしても学生のほうが審査に通る可能性が低くなってしまいますが、審査に通りにくい理由のひとつとして収入が安定していないことが挙げられます。
キャッシング会社は金利で利益を得ていますので「返済能力があるかどうか」が審査の重要なポイントになります。
また信用情報機関に個人情報がないということで、すでにクレジットカードを利用したことがあったりキャッシングの返済履歴があれば信用情報機関のデータベースに保存されているのでこの履歴が審査をするときの大きな判断材料になりますが、申込者が学生で、特に初めての申込は判断材料が乏しいため判断しにくいといわれています。
そのため学生が審査に通るための有利な条件として、収入がない学生は絶対に審査にはとおらないのでバイトなどをして「収入が有ること」が必須条件になります。
アルバイトの収入もれっきとした収入と認められるので心配はありません。
またアルバイトでも勤続年数は審査の対象となるので、同じバイト先で半年から1年以上続いていれば審査に通りやすくなりますが、短期でバイト先を変えていると審査に通りにくくなるのでできるだけ同じところでバイトを続けることが重要になってきます。

消費者金融のグレーゾーン金利

最近テレビで弁護士事務所や法律事務所が「返したお金を取り戻しませんか?」といった内容のコマーシャルをよく見かけますが、これは「グレーゾーン返還訴訟」という訴訟で、払い過ぎた金利を返してもらうための手続きを取ることをいいます。
消費者金融でスピードキャッシングをすると金利を払わなければなりませんが、以前は金利に対する法律がふたつあり、利息制限法では「10万円〜100万円未満のキャッシングは18%以上の金利を取ってはならない」という法律と、出資法では上限金利は29.2%と決まっていましたが、消費者金融は18%以上の金利を長年に渡り取っていました。
グレーゾン金利とは出資法の29.2%の金利と利息制限法の18%の間の金利をグレーゾーンと呼びます。
納得のいかない消費者金融の利用者が裁判をおこし、最高裁判所は「貸金業者は、利息制限法で定められた以上の過払い金を、利用者に返還しなければならない」という判決を出したため、差額を返還しなくてはならなくなりました。
キャッシング会社のほとんどが、利息制限法で定められた18%の金利より多い29.2%もの金利を取っていることが多かったため、これまでに払い過ぎた29.2%−18%=11.2%の金利を消費者金融から返してもらったり現在借りている元金に充当し、借金の減額をしてもらう手続きをしてもらうためのコマーシャルを、多くの弁護士事務所や法律事務所が出すようになりました。
払い過ぎているかもしれないと思われるかたは、無料の相談所もあるので一度利用してみてはどうでしょうか。

年金を担保にお金を借りる

高齢者がお金に困り、銀行や消費者金融から融資を受けようと思っても年齢制限、年収などが壁となりお金借りることは難しいといえるでしょう。ですが、預貯金もなく日々の生活も切り詰めている、という状況で病気になり入院・治療のためにお金がかかり、どうしても年金だけで生活できない、といった状況に陥ってしまう方もいると思います。
街金やヤミ金に手を出してしまうと借金は雪だるま式に膨れ上がり借金地獄に陥ることは目に見えて分かるはずですし、そういった怪しいところから借りるのは怖いという方も多いことと思います。とはいってもニッチモサッチもいかなくなり怪しい・危ないところと思っても借りてしまう方もいるかもしれませんね。ですが、それは絶対に避けるべきです。
では、どうすればいいのか?ということになりますが、年金を担保にお金を借りることが出来る制度を利用する、という手があります。ただし、「年金を担保にお金を貸します」といった立て看板を出しているような金融業者から借りてはいけません。そういったところは、先述の街金やヤミ金のような危ないところです。年金を担保にお金を貸すことを法律で認められているのは、独立行政法人 福祉医療機構または独立行政法人 福祉医療機構の代理店の金融機関だけです。
厚生年金保険年金証書、国民年金・厚生年金保険年金証書、船員保険年金証書・第二種特別支給金決定証書、国民年金証書、労働者災害補償保険年金証書を持ち年金を受給している方、生活保護を受けていない方、生活保護廃止後5年以上経過している方など一定の要件を満たす方であれば融資を受けることが出来ます。年金を担保にお金を借りる以外、お金を借りる方法がない、という方は一度独立行政法人 福祉医療機構に問い合わせ&相談してみるといいでしょう。

消費者金融の借金はまとめることができますか?

消費者金融でお金を借りたら必ず返済しなくてはなりませんよね。しかし、返済日にどうしてもお金が足りない……。そんな時、あなたならどうしますか?
仕方ない、別の銀行でお金を借りる金融から借りよう……。そんなご経験はありませんか?そして、気がつくと返済日とその支払いだけで首が回らなくなっってしまった……。借金とはいとも簡単に増えていくものです。
このように複数の消費者金融からの借入で困っている方は少なくありません。
そういった方のためのサービス、「おまとめローン」というものがあるのは皆さんご存知ですか?
このサービスでは、複数の消費者金融の返済を1つにまとめることができるのです。つまり、おまとめローンを提供してくれる会社が、借金を一度肩代わりする形で返済してくれることになります。そして、その全額をおまとめローン会社に返済するというわけです。これを利用すれば、複数の返済日に追われ、多額の返済金を毎月工面する必要はなくなります。
しかし、当然デメリットもついてきます。便利なサービスですので、利子も高めになっていることは覚悟しましょう。そして、1カ月の返済金は減りますが、その分返済期間は延びます。当然利子もどんどん増えていきます。
しかし、長くかかっても完済できるのであれば、こうした選択肢もアリですよね。毎月複数の返済に困って自己破産する、何てことになるよりはこの方が得策です。借りてしまったものは必ず返さなくてはなりません。方法は色々あります。是非ご検討ください。

借りやすい消費者金融とは?

初めて消費者金融を利用される方にとって、どこの消費者金融を選ぶのかは大変な作業です。
日本には、山のように消費者金融が存在しており、どこも魅力ある内容になっています。
初心者でも借りやすい、おススメの消費者金融は、どのような先を指すのでしょうか?
まずは、大手消費者金融が候補として挙げることができます。
「アコム」「レイク」「プロミス」といった特徴あるテレビCMが有名な大手消費者金融です。
なんといっても、大手が持つ安心感と信頼感はずば抜けています。
金利も良心的な水準で、多くの方に利用されています。
安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申込可能という門の広さも借りやすいポイントです。
消費者金融の中でも「銀行系」と呼ばれる消費者金融も、借りやすい先として挙げることができます。
「バンクイック」「オリックス」等の銀行系消費者金融の特徴は、豊富な資金量を背景にした低金利、高額融資です。
銀行の持つ安心感に加えて、金利の低さが人気を集めており、比較的高い限度額でも利用可能です。
銀行系は、いわゆる「総量規制」の対象外となっており、その点でも借りやすい先といえるのではないでしょうか。
中堅先にも、借りやすい先としておすすめの先があります。
「ノーローン」では、一週間無利息で融資を受けることができます。
もう少しまてば、給料が入ってくる、といった方にはおすすめです。
初心者の方でも、一週間無利息で借りることができますので、カードローン ランキングを試すという意味でも利用できるのではないでしょうか。
このような借りやすい先を選び出し、自分の目的等に応じた利用の仕方を勉強するようにしましょう。

総量規制は消費者金融に適用される

総量規制は2010年に貸金業法の改正がおこなわれ、個人向けの貸し付けを対象とし、原則借入総金額は年収の3分の1までに制限されるようになりました。
総量規制は貸金業法で規制されるので対象となるのは消費者金融やクレジット会社が対象となり、銀行法で営業を営む銀行は総量規制の対象外となります。
総量規制の制限を受ける消費者金融でキャッシングをするとき、借入希望額が50万円をこえるときや他社借入があるときは合計100万円をこえる場合、年収の3分の1をこえないかを確認するために収入証明書の提出を求められ、新たに融資の申込みを受けたときは信用情報機関の個人情報から他社の借入残高を確認しなくてはならないことになっています。
総量規制で制限される以前にすでに年収の3分の1近くまで融資を受けている多重債務者は新たな借入ができませんが、「おまとめローン」は総量規制の例外にあたり「顧客の一方的有利となる借換え」ということになるのでm返済のみになりますがおまとめローンは年収に関係なく審査に通れば融資を受けられます。
おまとめローンが利用できれば複数社からの借入を一つにまとめることで融資金額が増えるため、金利を下げることができたり、これまで複数日あった返済日を1日にまとまることで返済に追われた毎日から解放され、、新たな返済計画を立てることができるので、今以上の借入れはやめようと思っている多重債務者にとって、うってつけの商品といえます。