モビットなどの消費者金融と、バンクイックの限度額の意味は違う

限度額が500万円、そう聞けばバンクイックに決めたいと思うかもしれませんが、実際には個別に500万円の借り入れができることは稀です。
審査があり個別に融資限度額が決められますので返済能力に応じた限度額となります。
しかし消費者金融の最大限度額と、銀行系となるバンクイックの最大限度額では大きな違いが出てきます。
モビットやアイフルなどの消費者金融は貸金業の基づいた運営をしなければならないというものがありその中の一つに総量規制があります。
総量規制の中にはいくつか重要な規制がありますがその中の一つが本人年収の3分の1が借り入れ総額の上限となる、というものです。
しかしこれは銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は別口となっており消費者金融からの借り入れだけを総量規制の対象範囲としています。
銀行の場合、貸金業ではありませんので総量規制の対象とはなっていません。
だからと言って最高限度額の500万円がそのまま適用されることはありませんが、年収の3分の1としてはっきりと決められた金額の限度はありません。
銀行は独自の判断で個人の限度額を決めることができます。
消費者金融で借り入れが断られても銀行であるバンクイック在籍確認では可決となったという事例はよく耳にするかと思いますが、そこにあるのは総量規制であるわけです。
今消費者金融で借り入れ金額を増やすよりも、金利の低い銀行で借り入れをすることはのちのちのメリットにもつながるということです。

借入の審査に通らない

お金を借りようと申し込みをしたのに、審査に通らない、こんな状況に困っていませんか?借入の審査に通らない時に、その理由を決して金融機関は教えることがありません。

そのため、何度か申し込みをしたのにいずれも否決になってしまったということもあるはずです。

借入の審査に通らないからといって、やみくもに申し込みを繰り返すことだけは避けてほしいのです。というのも、申し込みをたくさんしている人物を、金融機関は「とてもお金に困っている。」と判断するのです。

それほどお金に困っているのなら、返済できない可能性が高いのだというように審査されるのです。

申し込みの記録は、金融機関が共通して利用する個人信用情報機関に残されています。

以前いつ申し込みをどこにしたのか、その結果はどうだったのかということが残っていますので、ごく短期間に4社以上に申し込みをしてしまった場合は申し込むブラックとなり、申し込みの記録が消される半年後まではどこに申し込みをして借入できないことになるでしょう。

審査に通らない時には収入が低いからだと考える方は多いのですが、実は信用度が大きく関係しています。過去に延滞したという履歴が残っていれば、また延滞すると考えられて審査に通らなくなってしまいます。収入が多くても延滞履歴が残っていれば借入できないこともあるのです。

逆に収入に応じて確実に返済できる額を申し込んでいて、延滞履歴が残っていない方、もっと言えば以前に借入をしたことがあっても延滞などを一切せずにきちんと完済したという方はさらに審査に通りやすいのです。

絶対に借りたい時に、借り入れ審査結果によっては焦ってしまうことになりますね。

しかし、たくさん申し込みをすることはマイナスになりこそすれ、メリットが大きく出ることはありません。

今のローンはスペックをネットできちんと調べることができますから、申し込み先は絞っておくようにしましょう。

どうしても借りたいからと、違法な業者に申し込みをしてしまうことだけは避けなければいけません。

銀行カードローン〜イオン銀行カードローン〜

イオン銀行カードローンBIGは、専業集でも50万円まで申し込み&利用が可能なカードとして大変人気があります。

専業主婦でも利用できる銀行カー泥ローンは他にもありますが50万円まで利用可能なのは現在のところイオン銀行カードローンBIGだけです。

ですが、単に専業主婦でも50万円まで利用できるカードとして人気がある訳ではありません。イオン銀行カードローンBIGの年利は3.8%〜13.8%と上限金利、下限金利共に低め、しかも最高利用限度額800万円!とハイスペックなのでサラリーマンなどからも人気があります。

ちなみに、100万円以内の申込みであれば収入証明不要!3千円超10万円以下なら3、000円!10万円超40万円以下なら5、000円……といった具合に月額返済額も低いので無理なく返済を続けていくことが出来るはずです。

でも、特記すべきはこれだけではありません。先ほど上限&下限金利共に低めと記述しましたが、なんと100万円以上の極度額になると全て金利は一桁なんです。

比較的低金利といわれている銀行カードローンは色々とありますが、利用額200万円越え〜金利が一桁になるカードローンが多い中、イオン銀行カードローンBIGは100万円の極度額から年利8.8%!

もちろん極度額が上がれば上がるほど金利は低くなっていきますが、500万も800万も必要ないけれど100〜200万円は使いたい、という方にも嬉しいカードとなっています。

また、低金利なので複数社の消費者金融から借り入れをしていてこれ以上貸金業者から借りることが出来ない!という方のおまとめローン&借り換えローンとしてもオススメのカードとなっています。

主婦の見方&庶民の味方イオン銀行カードローンBIG!検討の余地は十分にありますね。

無職でキャッシングができる?

会社のリストラにあったため、仕事を探しているけれど現在は無職といった人の中には一時的にでもお金が借りたい、と思ったときはどうすればよいのでしょう。

消費者金融や銀行カードローンでキャッシングをするとき必ず審査があります。

審査の目的は「お金を貸しても返済する能力が有るか」を判断するため、職業に無職と書いてしまうと、まず通ることはありません。

中には正規雇用以外は無職と考えている人もいるようで、パートやアルバイトをしているひとや派遣登録をしていればキャッシングの申込が可能なので職業欄には正直に記入すれば問題ないと思います。

パートやアルバイトもしていないひとがキャッシングする方法として、在職中にクレジットカードを作っているひともいると思いますが、このクレジットカードにはほとんどがキャッシング機能がついているので、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りることは可能になります。

また、名前も知られていない中堅消費者金融の中には無職でも貸してくれるところもあるようですが、「無職でもOK」といった広告を出している金融会社には「闇金」と呼ばれるところもあるので業者選びは慎重に慎重をかさねて選ぶことが重要になります。

ただ、一時的にであってもお金を借りると翌月から返済が始まりるので、お金を借りるときは返す見込みがあればキャッシングの利用も考えられますが、借りてしまえば何とかなるだろうという考えから利用するのは絶対にやめましょう。

大手消費者金融の親会社

貸金業法の改正以後、グレーゾン金利訴訟などで影響を受け、倒産に追い込まれた消費者金融は中堅消費者金融だけでなく、大手消費者金融でも倒産したところもあり現在専業消費者金融として残っているところもありますが、大手消費者金融は銀行と提携したり、システムや店舗、従業員も含め銀行に譲渡した大手消費者金融があります。

大手消費者金融の「レイク」はシステムや店舗、従業員を含めすべてを新生銀行に譲渡し、現在新生銀行カードローン「レイク」として残っています。

「アコム」は三菱東京フイナンシャルグループ、「プロミス」は三井住友フィナンシャルグループの傘下に入り銀行カードローンの保証会社としても営業を続け、専業大手として残っているのは「アイフル」のみとなっています。

消費者金融と親会社の大手銀行との関係は、提携することでお互いの弱点がカバーできるということから提携することになりました。

消費者金融はグレーゾーン金利返還訴訟で資金面が枯渇したため、新たな貸出しをするためには資金が必要で、提携すれば銀行の豊富な資金が利用できることや、消費者金融というイメージを払しょくできるということで銀行を利用したいと考え、銀行は企業中心の融資から小口融資に力を入れることになりますが、新たな投資を考えると莫大な資金が必要になるため消費者金融と提携できれば無駄な設備投資も不要だと考え、お互いの考えが一致したことから提携することになりました。

そのため現在は消費者金融は銀行の名前を使い、銀行は保証会社として消費者金融を使うという方法で、お互いのメリットを利用しています。

消費者金融の利用は何歳から

キャッシングの申込には年齢制限があります。

キャッシング会社によって上限年齢に多少の違いはありますが、ほとんどのところでは20歳以上となっているので一部のキャッシングを除いて未成年の人がキャッシングをすることはできません。

年齢制限を設けている理由として考えられるのは、民法で未成年に保護規定を定めていることから未成年が保護者の同意を得ずに契約をしたときは、どういう理由であっても保護者は一方的に取り消しを主張することができるようになっているので、金融業者はこういった問題が発生するのを避けるために基本的に20歳未満への融資はおこなわないようにしています。

消費者金融の中には例外として、未成年の学生でも利用できる「学生ローン」と呼ばれる融資をおこなっている業者もあり、大学の近くに店舗を構えて小規模で学生を対象にしたキャッシングをおこなっています。

学生ローンを利用するために学生証や在学証明書の提示が必要なことや、アルバイトなどをして一定上の収入があれば18歳からでもキャッシングができます。

また上限年齢は69歳以下に設定されているところが多く、65歳を過ぎると年金だけで生活している方も多いため、年金以外の収入が増えるとは考えにくいことから審査が通りにくいと言われ、実際に年金だけで生活をされている人がキャッシングをしようとすると金融会社は限られてしまいます。

年金受給者がお金を借りる方法として、独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」があるのでこちらをおすすめします。

学生キャッシングで知っておきたいこと

最近は学生でもキャッシングができることから、付き合いでこずかいが少し足りないときとか、バイト代が入る前にお金が必要になったときなど、一時的にキャッシングを利用する学生も増えているようです。

キャッシングは社会人に比べると、どうしても学生のほうが審査に通る可能性が低くなってしまいますが、審査に通りにくい理由のひとつとして収入が安定していないことが挙げられます。

キャッシング会社は金利で利益を得ていますので「返済能力があるかどうか」が審査の重要なポイントになります。

また信用情報機関に個人情報がないということで、すでにクレジットカードを利用したことがあったりキャッシングの返済履歴があれば信用情報機関のデータベースに保存されているのでこの履歴が審査をするときの大きな判断材料になりますが、申込者が学生で、特に初めての申込は判断材料が乏しいため判断しにくいといわれています。

そのため学生が審査に通るための有利な条件として、収入がない学生は絶対に審査にはとおらないのでバイトなどをして「収入が有ること」が必須条件になります。
アルバイトの収入もれっきとした収入と認められるので心配はありません。

またアルバイトでも勤続年数は審査の対象となるので、同じバイト先で半年から1年以上続いていれば審査に通りやすくなりますが、短期でバイト先を変えていると審査に通りにくくなるのでできるだけ同じところでバイトを続けることが重要になってきます。

消費者金融のグレーゾーン金利

最近テレビで弁護士事務所や法律事務所が「返したお金を取り戻しませんか?」といった内容のコマーシャルをよく見かけますが、これは「グレーゾーン返還訴訟」という訴訟で、払い過ぎた金利を返してもらうための手続きを取ることをいいます。

消費者金融でスピードキャッシングをすると金利を払わなければなりませんが、以前は金利に対する法律がふたつあり、利息制限法では「10万円〜100万円未満のキャッシングは18%以上の金利を取ってはならない」という法律と、出資法では上限金利は29.2%と決まっていましたが、消費者金融は18%以上の金利を長年に渡り取っていました。

グレーゾン金利とは出資法の29.2%の金利と利息制限法の18%の間の金利をグレーゾーンと呼びます。

納得のいかない消費者金融の利用者が裁判をおこし、最高裁判所は「貸金業者は、利息制限法で定められた以上の過払い金を、利用者に返還しなければならない」という判決を出したため、差額を返還しなくてはならなくなりました。

キャッシング会社のほとんどが、利息制限法で定められた18%の金利より多い29.2%もの金利を取っていることが多かったため、これまでに払い過ぎた29.2%−18%=11.2%の金利を消費者金融から返してもらったり現在借りている元金に充当し、借金の減額をしてもらう手続きをしてもらうためのコマーシャルを、多くの弁護士事務所や法律事務所が出すようになりました。

払い過ぎているかもしれないと思われるかたは、無料の相談所もあるので一度利用してみてはどうでしょうか。

年金を担保にお金を借りる

高齢者がお金に困り、銀行や消費者金融から融資を受けようと思っても年齢制限、年収などが壁となりお金借りることは難しいといえるでしょう。

ですが、預貯金もなく日々の生活も切り詰めている、という状況で病気になり入院・治療のためにお金がかかり、どうしても年金だけで生活できない、といった状況に陥ってしまう方もいると思います。

街金やヤミ金に手を出してしまうと借金は雪だるま式に膨れ上がり借金地獄に陥ることは目に見えて分かるはずですし、そういった怪しいところから借りるのは怖いという方も多いことと思います。

とはいってもニッチモサッチもいかなくなり怪しい・危ないところと思っても借りてしまう方もいるかもしれませんね。

ですが、それは絶対に避けるべきです。

では、どうすればいいのか?ということになりますが、年金を担保にお金を借りることが出来る制度を利用する、という手があります。

ただし、「年金を担保にお金を貸します」といった立て看板を出しているような金融業者から借りてはいけません。

そういったところは、先述の街金やヤミ金のような危ないところです。年金を担保にお金を貸すことを法律で認められているのは、独立行政法人 福祉医療機構または独立行政法人 福祉医療機構の代理店の金融機関だけです。

厚生年金保険年金証書、国民年金・厚生年金保険年金証書、船員保険年金証書・第二種特別支給金決定証書、国民年金証書、労働者災害補償保険年金証書を持ち年金を受給している方、生活保護を受けていない方、生活保護廃止後5年以上経過している方など一定の要件を満たす方であれば融資を受けることが出来ます。

年金を担保にお金を借りる以外、お金を借りる方法がない、という方は一度独立行政法人 福祉医療機構に問い合わせ&相談してみるといいでしょう。

消費者金融の借金はまとめることができますか?

消費者金融でお金を借りたら必ず返済しなくてはなりませんよね。しかし、返済日にどうしてもお金が足りない。そんな時、あなたならどうしますか?

仕方ない、別の銀行でお金を借りる金融から借りよう。そんなご経験はありませんか?

そして、気がつくと返済日とその支払いだけで首が回らなくなっってしまった。借金とはいとも簡単に増えていくものです。

このように複数の消費者金融からの借入で困っている方は少なくありません。そういった方のためのサービス、「おまとめローン」というものがあるのは皆さんご存知ですか?

このサービスでは、複数の消費者金融の返済を1つにまとめることができるのです。つまり、おまとめローンを提供してくれる会社が、借金を一度肩代わりする形で返済してくれることになります。

そして、その全額をおまとめローン会社に返済するというわけです。これを利用すれば、複数の返済日に追われ、多額の返済金を毎月工面する必要はなくなります。

しかし、当然デメリットもついてきます。便利なサービスですので、利子も高めになっていることは覚悟しましょう。そして、1カ月の返済金は減りますが、その分返済期間は延びます。当然利子もどんどん増えていきます。

しかし、長くかかっても完済できるのであれば、こうした選択肢もアリですよね。毎月複数の返済に困って自己破産する、何てことになるよりはこの方が得策です。

借りてしまったものは必ず返さなくてはなりません。方法は色々あります。是非ご検討ください。