総量規制は消費者金融に適用される

総量規制は2010年に貸金業法の改正がおこなわれ、個人向けの貸し付けを対象とし、原則借入総金額は年収の3分の1までに制限されるようになりました。
総量規制は貸金業法で規制されるので対象となるのは消費者金融やクレジット会社が対象となり、銀行法で営業を営む銀行は総量規制の対象外となります。
総量規制の制限を受ける消費者金融でキャッシングをするとき、借入希望額が50万円をこえるときや他社借入があるときは合計100万円をこえる場合、年収の3分の1をこえないかを確認するために収入証明書の提出を求められ、新たに融資の申込みを受けたときは信用情報機関の個人情報から他社の借入残高を確認しなくてはならないことになっています。
総量規制で制限される以前にすでに年収の3分の1近くまで融資を受けている多重債務者は新たな借入ができませんが、「おまとめローン」は総量規制の例外にあたり「顧客の一方的有利となる借換え」ということになるのでm返済のみになりますがおまとめローンは年収に関係なく審査に通れば融資を受けられます。
おまとめローンが利用できれば複数社からの借入を一つにまとめることで融資金額が増えるため、金利を下げることができたり、これまで複数日あった返済日を1日にまとまることで返済に追われた毎日から解放され、、新たな返済計画を立てることができるので、今以上の借入れはやめようと思っている多重債務者にとって、うってつけの商品といえます。